来年2月末に閉店するイオン上峰店

 三養基郡上峰町にある大型商業施設「イオン上峰店」が来年2月末に閉店することを受け、町は民間事業者から再開発のアイデアを聞き取る「サウンディング調査」を実施した。九州を中心に建設業や金融機関など8社が参加し、それぞれの考えを町に伝えた。

 事業の前段階で民間業者の意見や提案を聞き、市場性を調べ、民間活力の生かし方を判断する目的で実施した。10月1日の説明会で再開発に対する町の考えや大まかな予算などを伝え、26日と29~31日の計4日間、聞き取った。

 事業者側は企画力や施工力をアピールし、「交通量が多い国道と県道に挟まれており、商業施設としての市場性は十分にある」といった意見を述べた。

 町は調査の概要をまとめ、近くホームページで公表する予定。優れたアイデアは、再開発に向けて策定する公民連携基本計画に盛り込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加