ジカ熱やデング熱のウイルスを媒介するヒトスジシマカ(国立感染症研究所昆虫医科学部提供)

 佐賀県健康増進課は31日、フィリピンに滞在した県内の50代男性がデング熱と診断されたことを明らかにした。現地でデング熱ウイルスを持った蚊に刺されたことが原因とみられる。県は、デング熱が発生している国や地域を訪れる場合の注意を喚起している。

 男性は1人で10月にフィリピンを訪れ、同月下旬まで滞在した。現地で症状が現れ、帰国後に佐賀中部保健所管内の医療機関でデング熱と診断された。既に回復している。

 県内でデング熱の感染が確認されたのは2013年7月以来。健康増進課は「発生地域に行く場合は長袖や長ズボンを着用したり、虫よけスプレーなどを使用したりして、蚊に刺されないように」と注意を促す。

 デング熱は高熱のほか、発疹や頭痛、関節痛、吐き気・嘔吐(おうと)の症状があり、重症化するとデング出血熱などを発症し、死に至る危険性もある。人から人には感染しない。

このエントリーをはてなブックマークに追加