さまざまな因習に縛られた武家社会において、過酷な運命に翻弄(ほんろう)される人々を描いた作家・滝口康彦さん(1924~2004年)は、佐世保に生まれ、その後多久で暮らし、多くの作品を生み出しました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加