明治4(1871)年まで伊万里市山代町楠久(くすく)にあった古刹(こさつ)「七幸(しちこう)神社」を復興させようと、地元の復興委員会が10日、境内に建てたほこらにご神体を迎える祭事を行った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加