明治時代初期に札幌の都市開発に尽力し「北海道開拓の父」とも呼ばれる佐賀藩士島義勇をたたえる顕彰祭が、島の命日の13日、佐賀市の秀島敏行市長が出席して北海道神宮(札幌市中央区)で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加