大相撲九州場所の新番付が発表され、千賀ノ浦親方(右)と握手する小結貴景勝=29日午後、福岡県篠栗町の千賀ノ浦部屋宿舎

 大相撲九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の新番付が発表された29日、元貴乃花親方(元横綱)の日本相撲協会退職に伴い消滅した貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋に移籍した小結貴景勝が、新たな出発に意欲を示した。

 福岡県篠栗町の部屋宿舎で会見し「マイナスに考えることは一つもない。貴乃花部屋での生活もプラス。新しい環境で頑張るのもプラスになる」と力強いまなざし。突然の移籍決定から、まだ約1カ月。それでも先場所初めて三役で勝ち越した22歳の成長株は、動じる様子を見せない。「自分が番付を上げていくことしか考えていない。関脇になりたい」とはっきりとした口調だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加