署長感謝状を受ける永利真紀さん=鳥栖署

 鳥栖署は24日、迷子の早期発見・保護で功労があったとして、会社員永利真紀さん(46)=鳥栖市=に、署長感謝状を贈った。

 永利さんは9月23日未明、鳥栖市内の路上で1人で歩いている男児(2)を発見。男児が入っていったマンションから大きな泣き声が聞こえ確認したところ、男児が泣きながら出てきたため、一緒にいた友人とともに鳥栖署に通報した。男児は駆け付けた鳥栖署員が保護した。

 贈呈式では、北野一信署長が永利さんに感謝状と記念品を手渡した。北野署長は「通報がなかったら事件事故に巻き込まれた可能性もある」と感謝。永利さんは「無事に親元に帰れてよかった」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加