■武雄市(定数2) 2期連続、無投票の公算

 武雄市選挙区(定数2)は、いずれも自民党現職の石丸博(72)=橘町=と稲富正敏(71)=武雄町=が立候補の準備を進めている。他に動きはなく、2期連続で無投票になる可能性が高まっている。

 2人とも党の公認を受けた。現在は少人数での座談会や支持者回りを重ねている。オスプレイの佐賀空港配備にはいずれも賛成の立場で、九州新幹線長崎ルート整備については現状を説明し、意見を聞いている。

<武雄・立候補予定者>

  • 石丸  博(72)自現(6)
  • 稲富 正敏(71)自現(5)

 

■嬉野市(定数1) 元市議、出馬見送る方針

 嬉野市(定数1)で立候補の意向を明らかにしているのは自民党現職の石井秀夫(71)=6期・嬉野町=1人にとどまる。前回出馬した元市議は出馬を見送る方針で、無投票になる公算が大きい。

 石井は地域の集会などで活動報告を重ね、九州新幹線長崎ルートの整備方針見直しではフル規格化を主張している。

<嬉野・立候補予定者>

  • 石井 秀夫(71)自現(6)

 

■伊万里市(定数3) 選挙戦になるか流動的

 伊万里市では定数3に対し、自民現職3人が立候補する予定で、党の公認も得た。他に出馬を模索する動きはあるものの、選挙戦になるかは流動的だ。

 現職の竹内和教(69)=5期・松島町=、中倉政義(69)=5期・東山代町=、岡口重文(62)=3期・大川町=は前回無投票で当選した。選挙戦に備えて、後援会の若返りなど態勢固めを進めている。

 2期連続の無投票は避けたいという声が市民の間にある。態度を保留している新人以外に対しても出馬を要請する動きがある。

<伊万里・立候補予定者>

  • 竹内 和教(69)自現(5)
  • 中倉 政義(69)自現(5)
  • 岡口 重文(62)自現(3)

 

■鹿島市・藤津郡(定数2) 自民2人、足場固め

 鹿島市・藤津郡選挙区(定数2)では自民党の現職の土井敏行(65)=4期・鹿島市高津原=と坂口祐樹(48)=3期・太良町多良=が続投へ意欲を示し、党の公認を受けた。

 土井は7校区で県政報告会を開き、実績と課題を訴えて足場を固めている。坂口も住民の声を聞くために地区単位で開催する方針で、動きを本格化させていく。

 他に擁立を目指す動きはなく、前回に続き無投票になるとみられている。

<鹿島藤津・立候補予定者>

  • 土井 敏行(65)自現(4)
  • 坂口 祐樹(48)自現(3)

 

■西松浦郡(定数1) 現職以外に動きなく

 西松浦郡(定数1)では自民党現職の原田寿雄(61)=有田町戸杓=が4期目に意欲を示す。他に出馬の動きはなく、3期連続で無投票になる可能性が高まっている。

 原田は九州新幹線長崎ルートの整備方針見直しを巡る課題や、有田焼業界を含む地域振興に引き続き注力する考えを示している。

<西松浦・立候補予定者>

  • 原田 寿雄(61)自現(3)

 

=敬称略、おわり=

このエントリーをはてなブックマークに追加