上位進出に意欲を見せる佐賀県チーム。(左から)松尾文人、工藤亜沙希、永田満=兵庫県神戸市のANAクラウンプラザホテル神戸

 第36回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権大会JA共済CUP(佐賀新聞社など全国新聞社事業協議会主催、神戸新聞社主管、JA共済連特別協賛、富士通・NEC協賛)は24日、兵庫県神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部(7115ヤード、パー72)で開幕する。

 佐賀県代表の工藤亜沙希(32)=鳥栖市、永田満(55)=小城市、松尾文人(48)=佐賀市=の3選手は23日、練習ラウンドでフェアウエーやグリーンの状態を確認。「距離があり、フェアウエーも狭い」とコースの印象を語り、「粘り強いゴルフで2年連続の一桁順位を狙いたい」と昨年の6位に続く上位進出に向けて意欲を示した。

 大会には47都道府県代表の48チーム(開催県の兵庫県は2チーム)が出場。2日間で36ホールストロークプレーを行い、3選手の合計スコアによる団体戦と個人戦でアマ日本一を競う。

このエントリーをはてなブックマークに追加