■政府対応に根強い懸念  環太平洋連携協定(TPP)に関する政府の説明を、全都道府県の半数となる24府県の知事が「不十分」と評価していることが17日、共同通信社のアンケートで分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加