フェイスブックのロゴ(AP=共同)

 米交流サイト大手フェイスブック(FB)から英政治コンサルタント会社に最大8700万人分の個人データが不正に横流しされた問題で、日本政府の個人情報保護委員会がFBを行政指導する方針を固めたことが22日、政府関係者への取材で分かった。英当局と連携して調べた結果、利用者に十分説明せず管理態勢も不適切だったと判断し、改善を求める。

 委員会がFBを指導するのは初めてで、22日午後に発表する。FBでは最近も不正アクセスによって約2900万人分のデータ流出が判明しており、この件でも原因究明や再発防止を徹底するよう指導する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加