女子で優勝した宮原知子のフリーの演技=エバレット(共同)

 女子で優勝した宮原知子のフリーの演技=エバレット(共同)

 【エバレット(米ワシントン州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカが21日、米ワシントン州エバレットで行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)がフリーでもトップの145・85点をマークし、合計219・71点で大会2連覇した。GPシリーズ通算3勝目。

 SP2位の坂本花織(シスメックス)はフリーも2位となり合計213・90点で2位に入った。フリーで9位に終わった本田真凜(JAL)は合計158・04点で8位。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加