明治維新150年記念事業の一環で、鳥栖市は幕末の志士高杉晋作(1839~67)が、長州とゆかりのあった対馬藩田代宿に身を隠し、前佐賀藩主鍋島直正公あてに決起を願う漢詩を送ったという史実を後世に伝えよ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加