2008年12月、ストックホルム大でノーベル賞受賞の記念講演をする下村脩・米ボストン大名誉教授(共同)

 死去した下村脩氏

 生命科学の研究に不可欠な道具となった緑色蛍光タンパク質(GFP)をクラゲから発見し、2008年のノーベル化学賞を受賞した、海洋生物学者で米ボストン大名誉教授の下村脩(しもむら・おさむ)氏が19日午前6時15分、老衰のため長崎市で死去した。90歳。28年、京都府福知山市生まれ。

 下村氏は米国留学中の1961年、米西海岸でオワンクラゲ1万匹を採取してGFPを発見し、翌年に論文を発表した。

 90年代に入って、GFPを作り出す遺伝子を調べたい細胞のDNAに組み込んで光らせる手法が開発され、GFPは生物学や医学、創薬などに欠かせない道具となった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加