安倍晋三首相、中国の李克強首相

 日中両政府が防衛交流の一環として、海上自衛隊と中国海軍の艦艇相互訪問を再開する方向で最終調整に入ったことが21日、分かった。安倍晋三首相が25日からの訪中で予定する李克強首相との会談で合意する見通し。実現すれば2011年12月以来。沖縄県・尖閣諸島を巡る対立が続く中、意思疎通を図ることで偶発的衝突を防ぐ狙いがある。複数の日本政府関係者が明らかにした。

 日中は6月に偶発的衝突を避けるため相互通報体制「海空連絡メカニズム」の運用を始めており、衝突防止をさらに強化する構えだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加