仙台―鳥栖 前半、先制ゴールを決める鳥栖・高橋義(右)=ユアスタ

 明治安田生命J1リーグ第30節第2日は20日、仙台市のユアテックスタジアム仙台などで7試合があり、サガン鳥栖はベガルタ仙台を3-2で下して4試合ぶりの白星を飾った。通算成績は8勝9分け13敗(勝ち点33)で、順位は二つ上がって暫定15位。

 首位の川崎は斎藤、大島の得点などで神戸に5―3と逆転勝ちし、6戦負けなしで勝ち点を60に伸ばした。2位広島は清水に0―2で敗れて3連敗を喫し、川崎との勝ち点差は4に開いた。清水の北川は4戦連続ゴール。浦和は鹿島に3―1で逆転勝ちし、5戦負けなしで勝ち点45として5位に浮上した。

 第31節は10月31日、11月2~4日にあり、鳥栖は4日午後4時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムでV・ファーレン長崎と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加