初陣を勝利で飾った鳥栖の金明輝監督(中央)=宮城県のユアテックスタジアム仙台

監督就任後の初戦を勝利で飾り、喜ぶ鳥栖・金明輝監督=ユアスタ

 J1残留に向け、残り5試合のかじ取りを託された鳥栖の金明輝(キン・ミョンヒ)監督は勝利の瞬間、両手で拳をつくって雄たけびを上げた。「選手たちが身を粉にして戦ってくれた。素直にうれしい」と初陣を振り返った。

 「引き分けではいけない。しっかり点を取りにいこう」と選手たちを送り出した。激しい雷雨のため試合が約50分間中断されたが、「サッカーにはつきもの。コミュニケーションも取れたし、いい準備ができた」。何度も「落ち着こう」というジェスチャーをベンチから送り、ロングボールが飛び交う終盤のピンチを乗り切った。

 「このチームにポテンシャル(潜在能力)があることは分かっている。それを最大限引き出せば残留できる」と金明輝監督。鋭いまなざしに力がみなぎった。

このエントリーをはてなブックマークに追加