ベガルタ仙台に3-2で競り勝ち、喜び合うサガン鳥栖の選手たち=20日、仙台市のユアテックスタジアム仙台

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第30節の20日、仙台市のユアテックスタジアム仙台でベガルタ仙台に3-2で競り勝ち、金明輝(キン・ミョンヒ)新監督の初陣を白星で飾った。4試合ぶりの勝利で、順位は二つ上がって暫定15位。

 鳥栖は前半、MF高橋義希選手とFWフェルナンド・トーレス選手が立て続けにゴールを決め、主導権を握った。その後、仙台に同点に追い付かれたものの、後半33分にDFジョアン・オマリ選手のJ1初ゴールで勝ち越した。

 鳥栖は第31節の11月4日午後4時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムでV・ファーレン長崎と対戦する。

 

〈残留勝ち取りたい〉

 金明輝監督の話 チームの持っている力を出し切れば、アウェーでも勝てることを選手たちが示してくれた。一戦一戦を大切に残留を勝ち取りたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加