第71回県民体育大会は20日、鹿島市などで開幕し、第1日は11競技で熱戦を展開した。卓球一般女子は武雄市Aが決勝で佐賀市Aを4-2で破り2連覇を達成。ソフトテニス一般男女は唐津市が小城市を2-1で下して頂点に立った。

 ゲートボール一般男女混成は市の部が鹿島市、町の部は玄海町と太良町が制した。グラウンドゴルフ一般男女混成は吉野ヶ里町、ゴルフ一般男女は鳥栖市がそれぞれ優勝を飾った。

 鹿島市民会館であった県体、県障害者スポーツ大会、さがねんりんピックの合同開会式では、副島良彦副知事らがあいさつ。栗由紀選手=鹿島市、荒田壽吉選手=多久市、山﨑志賀子選手=武雄市=が「スポーツの魅力を伝えていけるように、楽しくプレーしたい」と元気よく宣誓した。

 最終日は21日、鹿島市などで17競技がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加