西日本空輸のヘリコプターが生コンクリートを運ぶ際に使用していたものと同種の容器(四国電力提供)

 高知県大豊町

 20日午後1時25分ごろ、高知県大豊町で四国電力の送電線新設工事のため、西日本空輸(福岡市)がヘリコプターで運んでいた生コンクリート約600キロが同町内の山中に落下した。四国電によると、負傷者や建物などへの被害は確認されていない。

 国土交通省は事故につながりかねない重大インシデントと認定。運輸安全委員会は原因調査のため、航空事故調査官2人を現地に派遣することを決めた。

 四国電によると、長さ約5メートルのロープでつるした運搬用の鉄製容器に入っていた。ヘリは大豊町の仮設ヘリポートから離陸。工事現場に到着し容器の中を確認したところ、全てなくなっていたという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加