四国電力は20日、高知県大豊町の送電線新設工事のため、福岡市の会社がヘリコプターで運んでいた生コンクリート約600キロが同町内の山林に落下したと明らかにした。落下による負傷者や建物などへの被害は確認されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加