国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題を巡り、吉川貴盛農相は19日の閣議後会見で、就任後初めて現地を視察した感想を問われ、「有明海の再生が大きな課題だ。一刻も早く再生できるよう、しっかり取り組みたい」と述べた。

 吉川農相は18日に佐賀県の山口祥義知事と船で漁場を視察したほか、開門を求める漁業者らと意見交換し、改めて開門せずに基金で解決を図る考えを示した。「漁業の状況を十分に拝見し、説明も受けた。今後とも関係者の意見をうかがいながら、開門問題の解決や有明海再生に向けてしっかり取り組んでいく」と強調した。

 吉川農相は干拓農地も訪れ、「意欲的に営農に取り組まれていると実感した。事業の防災効果も地域住民から高く評価をされていた。安心して農業や生活ができる環境を整えることが重要だ」と感想を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加