熊本地震の被災者支援で、社員の募金に企業が一定額を上乗せして寄付する「マッチングギフト」の動きが広がっている。もともとは海外で始まった制度だが、東日本大震災を機に実施する企業が目立つようになった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加