気象庁は19日、西日本と東日本の日本海側を中心に20日にかけて雷を伴う大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水、浸水への警戒を呼び掛けた。竜巻などの激しい突風やひょうにも注意が必要だ。

 気象庁によると、石川県珠洲市付近では19日午前、レーダー解析で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。

 20日にかけて西日本と東日本の上空約5500メートルにマイナス21度以下の寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加