副島硝子工業と澄川伸一さんが共同開発した「Sagan Blue 風」

江口人形店と冨永ボンドさんが共同開発した「猫の誘い」

 伝統工芸品に新たな魅力を付加しようと、佐賀県内の伝統工芸事業者と県内外で活躍するクリエーターがタッグを組み、新しい商品を共同開発した。NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)」が伝統工芸支援事業の一環で仲介。伝統の技と現代アートが融合した新商品はPWJのふるさと納税の返礼品になるほか、各伝統工芸事業者でも販売する。

 参加した伝統工芸事業者は副島硝子工業(佐賀市)と佐賀錦振興協議会(同)、飛鳥工房(同)、江口人形店(武雄市)、金照堂(有田町)、たなかふみえさん(同)。

 副島硝子工業は澄川伸一氏(東京都)と組み、宙吹きでかたどり瑠璃色の美しいグラデーションが印象的な器と円皿を手掛けた。現代アート作家の冨永ボンドさんは、江口人形店と招き猫を製作。共同開発について冨永さんは「伝統を継いで来られた方が、通常は断ってしまうような(クリエーターの)要求に応えてくださった」と感謝した。

 商品はふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で扱われる。PWJの大西健丞代表理事は「伝統工芸品に自由な発想を取り入れたことで新たな一面を生むことができた。伝統工芸品のさらなる発展につなげたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加