大沼 保昭氏(おおぬま・やすあき=東大名誉教授、国際法、大沼瑞穂参院議員の父)16日午前6時43分、腎うがんのため東京都新宿区の病院で死去、72歳。山形市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加