KYBと子会社による免震・制振装置データ改ざん問題で、製品の性能をチェックする検査員が1人しかいなかったことが18日、分かった。特定社員への過剰負担が不正行為の常態化につながった公算が大きい。

このエントリーをはてなブックマークに追加