政府、与党内で20日、安倍晋三首相が可否を検討している夏の参院選に合わせた衆参同日選に関し、熊本県を中心とする地震の被災地の負担に配慮すべきだとして見送り論が強まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加