唐津くんちの本町の法被を着て授賞式に出席した德田獅恩君

 「第42回こども絵画コンクール」小学3・4年生部門で佐賀県知事賞を受賞した東唐津小3年の德田獅恩(しおん)君。募集テーマは「おもいでキラキラ!」。大好きな唐津くんちの8番曳山(やま)「本町の金獅子」を画用紙いっぱいに描いた。

 絵はあまり得意ではないが、絵が上手なおじさんから「鼻から描いたほうがいい」とアドバイスされて挑戦。きれいな色を出すため黄色で下塗りをした上に金色を重ねて工夫した。それでも思ったようには描けなかったそうで、受賞を聞いてびっくりしたという。

 もうすぐ唐津くんち。胸わくわくの獅恩君。大好物の鉄火巻をもりもり食べて、カッコイイ金獅子を元気いっぱい曳(ひ)いてね。エンヤーエンヤーエンヤー♪ (地域リポーター・古川ゆかり=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加