ベンゲル氏(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルを昨季まで率いたベンゲル氏が来年1月1日から仕事に復帰する意向を表明し、日本行きの可能性も示唆したと17日、英紙ガーディアン(電子版)などが報じた。

 アーセナルの監督を22シーズン務めたベンゲル氏は68歳。ドイツ紙のインタビューに「再び仕事を始める準備はできた。世界中から打診がある。どこでやるかはまだ分からないが、それが日本になるかもしれない」などと語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加