佐賀市の平野部全域の浸水被害軽減策を検討してきた委員会は26日、市役所で最終会合を開き、ポンプ設置や水路の拡幅など整備期間30年にわたる排水対策をまとめた基本計画案を市に提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加