ツイッターに不適切な投稿をしたとして、東京高裁が懲戒を申し立てた岡口基一裁判官(52)の分限裁判で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は17日、懲戒が相当と判断し、戒告とする決定をした。

このエントリーをはてなブックマークに追加