13日にボストンで行われたレッドソックス―アストロズのプレーオフ、ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦

 【ヒューストン共同】米大リーグで13日にボストンで行われたプレーオフ、ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦でアストロズ球団職員がレッドソックスのベンチ内を監視していたと、ボストン・グローブ紙(電子版)などが16日に報じた。この職員はベンチ脇のカメラマン席からレッドソックスがサインを盗み見ていないか監視しており、退去させられたという。

 16日にヒューストンで行われた第3戦後、アストロズのヒンチ監督は「詳細は聞いていない」とした。レッドソックスのコーラ監督は「シーズンを通してサイン盗みは懸念している」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加