17日、カナダ東部ニューファンドランド島で、解禁された娯楽用大麻を店で受け取る客(右)(ロイター=共同)

 カナダ・オンタリオの大学の研究室で育てられている大麻の苗=9日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】カナダは17日、嗜好品としての大麻所持・使用を合法化した。大麻は日本では違法薬物だが、医療用に限り解禁していたカナダでは密売組織を通じて娯楽用も広く流通していた。トルドー政権は密売をなくすことにより、未成年者の入手を難しくする狙いがあると説明している。大麻使用を国家として合法化するのは南米ウルグアイに続き2カ国目で、先進7カ国(G7)では初めて。

 AP通信の集計によると、娯楽用の大麻を扱う小売店100店舗以上が17日に開店する見通しで、今後さらに増加するとみられる。

 カナダ政府は未成年者への販売・譲渡には最大14年の禁錮刑を科す。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加