ブルワーズ戦の7回に登板したドジャース・前田=ロサンゼルス(ゲッティ=共同)

 アストロズ戦の8回、満塁本塁打を放ちホルト(左)とタッチするレッドソックスのブラッドリー=ヒューストン(共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグのプレーオフは16日、ロサンゼルスなどでア、ナ両リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)が行われ、ナ・リーグ第4戦でドジャース(西地区)がブルワーズ(中地区)に延長十三回、2―1でサヨナラ勝ちして2勝2敗とした。前田は1―1の七回に登板し、1/3回を1安打無失点だった。

 ドジャースは一回にドジャーの適時打で先制。五回に追い付かれたが、最後はベリンジャーの適時打で勝負を決めた。

 ア・リーグは第3戦で、レッドソックス(東地区)がアストロズ(西地区)に8―2で勝ち、2勝1敗とした。

 17日はアが第4戦、ナは第5戦が行われる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加