若者の性に関する問題や現状の話をする北村医師=佐賀市の報恩寺(提供写真)

 産婦人科医の北村邦夫さんの講演会が佐賀市の報恩寺で開かれた。「現代思春期~若者を巡る諸問題~」をテーマに、若者が抱える性や妊娠などについての現状や取り組みをユーモアを交えて話し、聴講者約40人が聞き入った。

 北村さんが新聞に寄せた性の問題の記事を読んだ報恩寺の井石宣雄住職(67)が「仏教界としても関わっていく必要がある」と思い立ち、講演が実現した。北村さんは妊娠した女性への配慮や不妊の原因となる生活習慣などを分かりやすく話し、「若者たちにも話をしてほしい」と呼び掛けた。

 講演会の聴講協力金計3万2500円は、県ユニセフ協会への寄付として佐賀善意銀行に預託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加