山口県防府市の私立高川学園高は16日、野球部員4人の飲酒が発覚したとして、高校野球の秋季中国地区大会への出場辞退を県高野連に届け出たと明らかにした。10日に同大会県予選で優勝していた。同校は2016年に夏の甲子園に初出場している。

 記者会見した渡辺篤夫校長らによると、4人は3年生2人、2年生と1年生がそれぞれ1人。14日午後8時半ごろ、学校近くのコンビニで350ミリリットル入りの缶ビール5本などを購入。寮に戻って飲酒していたところを、通報で駆けつけた警察官に発見された。うち2人は喫煙も確認された。4人は15日付で停学処分となった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加