九州、関西、中国、四国の西日本の大手電力4社は22日、原子力災害時などに相互協力する協定を締結した。4社が共通して抱える廃炉でも技術面や原子力規制委員会の審査対応などで連携を深めていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加