2017年のふれあい会で御嶽海を押す子どもたち=小城市芦刈町

 大相撲・出羽海部屋の力士とのふれあい会が11月3日午後1時から、小城市芦刈町の芦刈観瀾(かんらん)校相撲場で開かれる。九州場所(11日初日)に臨む力士らと体をぶつけて交流でき、主催する町体育協会は県内の小中学生30人の参加を募っている。

 7月の名古屋場所で初優勝し、先場所に続いて大関とりに挑む関脇御嶽海(みたけうみ)も参加する。参加無料、見学は自由で、雨天時は芦刈保健福祉センターひまわりで開く。

 出羽海部屋にはかつて、小城市三日月町出身の元関脇小城ノ花=故・小岩井正昭さん=が所属した。現在はその長男で、2代目小城ノ花として活躍した11代親方が部屋を率いており、九州場所に合わせて毎年、市内の子どもたちと交流している。

 参加申し込みは23日まで。先着順で定員になり次第締め切る。問い合わせは芦刈町体育協会、電話0952(37)6140。 

このエントリーをはてなブックマークに追加