イタリアにフルセット負けし、準決勝進出を逃した日本=名古屋市ガイシプラザ

 バレーボール女子の世界選手権第12日は15日、名古屋市のガイシプラザで6強による3次リーグの2試合が行われ、G組で世界ランキング6位の日本は7位のイタリアに2―3でフルセット負けして2連敗で準決勝進出を逃した。5、6位決定戦に回った。イタリアはセルビアとともに4強入り。H組はオランダと中国がベスト4に入った。

 日本は0―1の第2セットを石井(久光製薬)や古賀(NEC)の攻撃で25―22と取り返した。第4セットも25―19で獲得したが、最終第5セットは13―15で落とした。

 H組はオランダが米国に勝った。2連覇を狙った米国は敗退が決定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加