医学部入試での得点操作について記者会見する昭和大の小出良平学長=15日午後、東京都品川区

 医学部の不正入試を巡る問題で、昭和大(東京)は15日記者会見し、2013年以降の医学部一般入試の2次試験で、高校からの調査書を評価する際、現役と1浪の受験生に加算する得点操作をしていたと発表した。本来補欠に回るはずの卒業生の親族19人を優遇し、正規合格としていたことも判明。募集要項などで事前に周知せず、既に不正入試が発覚した東京医科大と同様、受験回数の多さなどを不利に扱っていたことになる。

 文部科学省は複数の大学に不正の疑いがあるとみており昭和大の発表が今後の他大学の対応にも影響する可能性がある。

 昭和大によると文科省の緊急調査で不正疑いが指摘された。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加