米グーグル、フェイスブックがそれぞれ運営する交流サイトで利用者の個人情報が外部に流出した疑いがある問題を巡り、政府の個人情報保護委員会が実態調査に乗り出したことが12日、分かった。既に両社に対し経緯や原因の報告を求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加