安倍首相と会談する沖縄県の玉城デニー知事。右は菅官房長官=12日午後、首相官邸

 安倍晋三首相と玉城デニー沖縄県知事は12日、首相官邸で会談した。首相は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に関し「これまで進めてきた政府の立場は変わらない」と述べ、移設計画を推進する考えを表明した。会談後、玉城氏が記者団に明らかにした。

 辺野古移設に反対を掲げて当選した玉城氏は「安全保障の負担は全国で担うべきだ。早急に話し合いの場を設けてほしい」と要請した。県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回への対応について、菅義偉官房長官は会談で「精査している」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加