佐賀県杵島郡白石町内の寺のさい銭箱から200円を盗んだとして、白石署は10日、65歳の男を逮捕した。犯行を目撃した40代女性の機転を利かせた対応が逮捕につながった。

 兄と墓参りに訪れていた女性は、本堂手前にある地蔵のそばのさい銭箱に、男が手を突っ込み、ポケットへ入れるところを目撃。「何か取ったやろ」「取ってない」「ジャンプしんさい」-。女性の鋭い追及で、男が跳ぶと、チャリンチャリンと小銭の音が。

 答えに窮した男は「俺がと」と言って車で逃走。女性の兄が車で追いかけ逐一白石署へ連絡を入れ、約30分の追跡の末、駆けつけた署員が逮捕した。鮮やかな“尋問”と、息の合った連携を見せた女性とその兄。2人がその場に居合わせたのも、何かのお導き?

このエントリーをはてなブックマークに追加