「日本の台所」として親しまれた東京都中央区の築地市場から移転した豊洲市場(江東区)が11日、開場し、初日の取引を終えた。競りでは、北海道・浜中産の生うにが1箱約20万円の「ご祝儀相場」で取引された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加