はやぶさ2から放出した、小型ロボットから撮影した小惑星りゅうぐうの地表(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、探査機はやぶさ2の小惑星りゅうぐうへの着陸を来年1月後半以降に延期すると発表した。当初は今月下旬を予定していたが、小惑星は表面がどこも岩だらけででこぼこなため、安全な着陸方法を考え直すとしている。

 計画の責任者を務める津田雄一・JAXA准教授は、「一度プロジェクトとしては立ち止まろうと思う」と話した。予想外に険しい地形に「どうやって立ち向かうか、意気は上がっている」と力を込めた。

 これまでの調査で、安全に着陸できる平らな場所が予想以上に狭いことが判明。今月下旬にかけ2回の着陸リハーサルを行う。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加