民家に隣接する小屋に突っ込んだトラック=9日午後3時40分ごろ、杵島郡白石町福田

 9日午後1時40分ごろ、杵島郡白石町福田の県道沿いの民家の小屋に、大型トラックが突っ込んだ。運転していた佐世保市の50代男性が左手に軽傷を負った。民家には90代女性が住んでいたが、事故当時は不在だった。

 白石署などによると、現場の県道は片側1車線の直線。トラックが西進中、中央線を越え、さらに道路脇の田んぼに落ちて走り続け、民家に隣接した小屋に突っ込んだとみられる。

 男性は駆け付けた警察官に「居眠り運転はしていない」と話したという。同署は男性がハンドル操作を誤ったとみて、事情を聴いて原因を調べる。男性は佐世保市の会社に戻る途中だったという。

 救助にあたったという近くの60代男性は「白い煙が上がっているのが見えて駆けつけた。巻き込まれる人はなかったが、トラックは相当なスピードが出ていたのでは」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加