国営諫早湾干拓事業を巡る潮受け堤防の排水門開門の是非について、司法判断のねじれの要因となっている二つの裁判の和解協議と審尋が26日、福岡高裁で開かれた。長崎地裁に続いて国、漁業者、営農者の三者がそろう場となり、地裁の和解協議を見据えながら進行することを確認した。