核のごみの最終処分場について、岸本英雄・玄海町長と報道陣の主なやりとりは次の通り。 -一部報道で最終処分場の受け入れに「前向き」とあったが。 最終処分場はどこかに造らないといけない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加