クライミング成年男子リード競技で準優勝した尾﨑晃一(左)・樋口純裕組(テプコシステムズ・クライミングジムPUMP2)=福井県の池田町特設会場

 福井県で開かれている第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」で7日、佐賀県勢はクライミング成年男子リードの尾﨑晃一・樋口純裕組(テプコシステムズ・クライミングジムPUMP2)が準優勝した。

 尾﨑・樋口組は6日の予選を6位で通過。この日の決勝では9月のワールドカップ(W杯)で3位に入った樋口が、完登まであと一歩に迫る活躍を見せた。2人はボルダリングでも8位と奮闘した。

 このほか、連覇を狙うバレーボール成年女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)が8日の決勝に進んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加